TEL: 072-953-1017
(藤井寺本校) 〒583-0026 大阪府藤井寺市春日丘1-9-30 片岡ビル3F
(和泉分校) 〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野5-4-7 和泉市生涯学習センター内

星光中学の古典でボロボロ状態がピッカピッカに変身!

『なむ』の識別『学校から配られたこの種のプリントをしっかり

復習しなかったから期末テストで痛い目にあいました。

このプリントからしっかりやり直します。』

賢明なる読者の皆さんは、この模範的な発言は、

どこでも通用するすばらしいものだと思いますか?

困ったことに、それは大間違いなのです。

トーマス・クーンが提唱したパラダイムシフトが古典学習において生じたからです。

世の中の権威と狭い自分の体験だけから、学校のスタンダードに合わせておけば間違いないだろうという

思考の怠慢を私は許せないのです。ロゴスを震源地としてパラダイムシフトが生じました。

反省もなく、旧来の古典学習をのやり方を踏襲した結果、

大阪星光学園でも大量の古典難民が発生していると思います。

誰でも、心から納得して理解できる古典学習を要求すべきときです。

英語も漢文も古典も現代文も共通していることは、言語が発言されるに先立って、場面状況があり、

その状況に応じた発言者の意思、感情が先行し、

その後に言語発言、文法があるという順番です。

堅苦しいことはさておき、

大阪星光学園の中2生が、目を輝かせて勝手にノートを取った指導を紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=bf2roWWEyBM&feature=youtu.be&fbclid=IwAR06bnf3xxP1bxRkldhPOG9WhK0M5GnN8YVBA3MTZ-LiNfrZgwJMCP6f04Q

お問い合わせはこちら

〒583-0026 大阪府藤井寺市春日丘1-9-30 片岡ビル3F
営業時間 13:00~23:00 / 年中無休

TEL:072-953-1017

お問い合わせ