TEL: 072-953-1017
(藤井寺本校) 〒583-0026 大阪府藤井寺市春日丘1-9-30 片岡ビル3F
(和泉分校) 〒594-0041 大阪府和泉市いぶき野5-4-7 和泉市生涯学習センター内

高1プライムステージ対策って???

高校1年生から質問がありました。                                                                    『高一プライムステージっていう模『高1プライムステージっていう模試あるんですが、

どうしたらいい点数とれますか?


河合塾の模試で学校で受けさせられるやつなんですけど

実力模試なので 数学 国語 英語は何が出るか分かりません

これに対する対策が何かあれば教えて頂きたいです。
数学の範囲はは数学1aぜんぶと式と証明のみ
国語は全範囲です古文漢文も
英語も全範囲なので』

そのお答え

『教育基本法7条1項『大学は、学術の中心として、

高い教養と専門的能力を培うとともに、

深く真理を探究して新たな知見を創造し、

これらの成果を広く社会に提供することにより、

社会の発展に寄与するものとする。』

にあるとおり、

『新たな知見を創造し』

という国公立大学の二次試験の狙いに添って学ぶことが大切です。

お手本があるから暗記すればよいという幼稚な教育観を

卒業する心構えを持ってください。

私が浪人中に自分の頭を使ってこの学びが実現できたのは隣の席に座る

武田君が東大法学部を狙って一心に学び、

私だけに教えてくれた英語のある特殊単元が征服で着たからです。

現代国語、小論文、に関しては東大、京大、センターの問題を26年間繰り返し解くことで

その要点を体得しました。

古典漢文に関しては最近の10年間で体得しました。

ですからこれからの2週間で結果を出したいというので在れば、先ず心構えを変える

ことです。

過去問の研究から体得したエッセンスを導入としてお伝えすることはできます。

ほかに希望者はいませんか?』

追記

旧帝大系列の大学入試問題は『新たな知見を創造』するという精神で

貫かれているのです。

ですから、元京都大学の総長であった長尾真先生が京大の大学院の

卒業式で言われた次の言葉がしっかり腑に落ちるはずです。

『今の時代はさまざまな事件や現象が次々と生じるので、

ついその波に目を奪われがちですが、波の表面ではなく波の下の動きを見なさい。

そこには縦に回転する水の円運動があります。

そして更にその下の水の動きをみなさい。

水の底にどんな動きがあるのかを見つめる目、

探る感覚を持ちなさい。

実はその底流が自然界を、そして世の中を動かしているのです』

なぜそうなるのかを繰り返して、深く掘り下げる力、

未知の原因と結果を関係の連鎖を見つける楽しさを知ることです。

そのための勉強方法ならすぐにお伝えできます。

希望者は『希望』トコメントしてください。

ただし、暗記が命より大切だと思う生徒は来ないでください。

お問い合わせはこちら

〒583-0026 大阪府藤井寺市春日丘1-9-30 片岡ビル3F
営業時間 13:00~23:00 / 年中無休

TEL:072-953-1017

お問い合わせ